ありがとうの力

ありがとうの力

 

全国のイシンホーム住宅研究会の仲間が、ある一人の女の子の言葉に感動しました。
ゆりちゃんという、小学校五年生のかわいらしいその女の子は、お施主様のお嬢さん。
ゆりちゃんは、家の引渡しの時に、お父さんとお母さんに対して、すばらしいお礼の言葉を述べられたのです。
その言葉は人の心を打つ、大変美しい言葉でした。「同じような年頃の子どもがいるので、涙が止まらなかった。」「もう一度原点に戻って家をつくりたい。」研究会の仲間から、たくさんの反響がありました。
ゆりちゃんの言葉は、家づくりの出発点、原点を改めて教えてくれる言葉となりました。みなさんも声に出して読んでみて下さい。

お父さん、お母さんへ
「ありがとう」というthn_pic_2言葉は、だれもが聞いても
うれしくなるような言葉ですよね。この前○○さんに助けてもらった。
だから、お礼を言おうと決心して話してみました。
でも、なかなか「ありがとう」という言葉がでません。
のどの奥で「あ」の言葉がつまるんです。
その言葉だけを言うときだけが恥ずかしくなるからです。
それは、自然におきることです。お父さんとお母さんは仕事をがんばっていますね。
そのお金でこんな素敵で立派な家を建ててくれましたね。
いろいろな生活費をありがとうございます。どうですか?少しうれしくなりましたか?これで、少しでもうれしくなってくれれば私もうれしいです。それと、これだけは言っておかなければいけないことがあります。
それは、
「私を生んでくれてありがとう。
生命(いのち)をありがとうございます。」ゆりより
Topに戻る

ページ上部へ戻る