ブログ

応急仮設木造住宅の施工実習

木造応急仮設住宅の建て方実習

きららドーム内で「木造応急仮設住宅」の建て方実習に参加しました。

熊本地震をきっかけに、県内の工務店や大工さんで組織されたグループで
万が一、地元や周辺地域が被災した時に、
住宅会社としていち早く住居を市民に提供できるようにとのことで
木造仮設住宅の基本プランをあらかじめ決める県下初の実習です。

仮設プレハブは今まであくまで仮設でしたが、
熊本での木造仮設住宅が非常に快適で好評だったことから
解体するのはもったいないので、
そのままずっと住める住宅をとの声が多かったそうです。

 

関連記事

ページ上部へ戻る